無料ブログはココログ

« 長崎は今日も雨だった | トップページ | 三木清の龍野中学時代 »

2008年4月12日 (土)

天使の歌声・ディアナ・ダービン

Img_0002

   ディアナ・ダービン(1921-  )はカナダのウィニペグに生まれ、美声を買われてMGMと契約。ジュディー・ガーランドと「アメリカーナの少女」(1936)で共演した。その後、ユニヴァーサルで「天使の花園」(1936)、「オーケストラの少女」(1937)が大ヒット。「天使の歌声」をもった美少女として戦前の日本の映画少年にも大人気だった。ちなみに「オーケストラの少女」のオーデションには当時13歳だったマリア・カラス(1923-1977)も受けたが残念ながら若すぎた。ダービンは「アヴェ・マリア」「年ごろ」「庭の千草」「銀の靴」「春の序曲」など音楽映画に多数出演し、1949年には引退し、パリで悠々自適の生活を送り、なんと今も健在である。

    ディアナ・ダービンのレコードは数枚持っているが、まさかCDなど無いだろうと思っていたら、ダイソーで8曲入り210円で売っていた。「アマポーラ」「ハレルヤ」「スプリング・イン・マイ・ハート」「ホーム・スイート・ホーム」「ラスト・ローズ・オブ・サマー」「アヴェ・マリア」「青きドナウ・ドリーム」「ある晴れた日に」である。やはりオペラの曲がある。映画「オーケストラの少女」でも歌われた「乾杯の歌」(ヴェルディ「椿姫」より)は収録されていなかった。日本語訳詩は浅草オペラの伊庭孝であるそうだが、詳しくは知らない。だだ次のような訳詩が見つかった。

  乾杯の歌

(アルフレード)

 友よ、いざ飲みあかそうよ

 こころゆくまで

 誇りある青春の日の

 楽しいひと夜を!

 若い胸には

 燃える恋心

 やさしいひとみが

 愛をささやく

 またと帰らぬ日のために

 さかずきをあげよ

(ヴィオレッタ)

 この世の命は短く

 やがては消えてゆく

 ねーだから今日もたのしく

 すごしましょうよ

 このひとときは

 ふたたびこない

 むなしくいつか

 過ぎてしまう

 若い日は夢とはかなく

 消えてしまう

 あーあー過ぎてゆく

 あーあー過ぎてゆく

 あーあー

Img

ディアナ・ダービン、ジュディ・ガーランドの夢の共演は「エヴリー・サンデー」(アメリカーナの少女)という短編一作だった

« 長崎は今日も雨だった | トップページ | 三木清の龍野中学時代 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 長崎は今日も雨だった | トップページ | 三木清の龍野中学時代 »

最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31