無料ブログはココログ

« 石川啄木・我を愛する歌 | トップページ | ヘッセとドストエフスキー »

2008年3月25日 (火)

森林は恋人

   頭のいい人には恋ができない。恋は盲目である。科学者になるには自然を恋人としなければならない。自然はやはりその恋人にのみ真心を打ち明けるものである。(寺田寅彦「科学者とあたま」)

   春のいまごろの季節、森林を散歩するのがよい。早春特有の匂いがある。若葉と雪解け水のかもしだす、心のはずむような気配が感じられる。森林には樹の種類によって匂いも異なる。ある場所で何年か過ごしたとする。それから長い年月ののちにそこをふたたび訪れ、かすな匂いをかぐ。もうそれだけで、そこで過ごした時のことを思い出すことがある。匂いはそれくらい強い力があるのだ。寺田寅彦(1878-1935)の言葉どおり「自然を恋人」にしよう。森林へ行けば、野鳥はさえずり、草花は咲いている。行く場所は自由だ。いつでもどこにでも、自然の喜びは満ちあふれている。

« 石川啄木・我を愛する歌 | トップページ | ヘッセとドストエフスキー »

「自然・科学」カテゴリの記事

コメント

感動しました。寺田寅彦さんの文庫を読み合う会が、彼の生家高知城の裏(北)で月一回、日曜にやっていたけど、今はどうか判りません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 石川啄木・我を愛する歌 | トップページ | ヘッセとドストエフスキー »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30