無料ブログはココログ

« 御宿の海女に美人が多い理由 | トップページ | バカリャウ(干しタラ) »

2008年3月20日 (木)

マサイ族の風俗習慣

Img_0002

    マサイ族の少女たち

Img_0001_2

    マサイ族の住居

    マサイ族はケニア南部からタンザニア北部にかけて住む民族。パラ・ナイル系のマー語に属するマサイ語を話す。牛の牧畜を主な生業とする。宗教はキリマンジャロに座するエン・カイという神を信奉する一神教。マサイ族の男は「草原の勇敢なる戦士」と呼ばれているが、今日では部族間の争いもなく、戦闘はもっぱら猛獣相手に行われる。

   住居は牛糞と泥をこねて作る。この小屋をサークル状に配置し、外側を木の柵で囲いボマという村をつくって、猛獣から身を守る。マサイ族の伝統的な色は赤であり、衣服や化粧にはほとんど赤を使う。巨大な耳輪、派手な化粧をしていることもある。頭髪は牛の油でかためる。身体的特徴は、背が非常に高く、脚も長い。皮膚は黒褐色。マラソンなどの長距離走に優れており、名ランナーが多数でている。また驚異的な視力を持つこともよく知られている。

« 御宿の海女に美人が多い理由 | トップページ | バカリャウ(干しタラ) »

「民俗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 御宿の海女に美人が多い理由 | トップページ | バカリャウ(干しタラ) »

最近のトラックバック

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30