無料ブログはココログ

« サバの女王 | トップページ | プラハの春の訪れ »

2008年3月23日 (日)

エーゲ海の真珠

Img_0001_2

    世界ムード音楽シリーズ(第6回)。「恋はみずいろ」(1968年)の世界的大ヒットでACCディスク大賞を受賞したポール・モーリア(1925-2006)は、「シバの女王」「蒼いノクターン」と次々とヒット曲を放つ。「エーゲ海の真珠」(1971)は原題が「ペネーロペ」で、ギリシア神話の英雄ユリシーズの貞淑な妻の名前である。スペインの作曲家アウグスト・アルゲロの作品を軽妙なロックビートと女性ソロ・ヴォーカルで地中海の雰囲気を見事に表現した編曲である。最初の録音版ではダニエル・リカーリが中間部のスキャトを担当している。画像はフィリップス・中央公論社の広告チラシであるが、リーダーズ・ダイジェストもポール・モーリアのレコードのセットものを多数販売しおり、愛聴したものである。

« サバの女王 | トップページ | プラハの春の訪れ »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サバの女王 | トップページ | プラハの春の訪れ »

最近のトラックバック

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31