無料ブログはココログ

« こちらはロンドンです | トップページ | 始皇帝と不老不死 »

2008年2月15日 (金)

挂甲の武人

Img_0003

     挂甲の武人(埴輪)

          群馬県太田市強戸成塚出土

          群馬 相川考古館蔵

    5世紀ごろ、騎馬戦に適した武具として大陸よりもたらされた挂甲(けいこう)という鎧をつけている。右袵重ねで、衝角付き冑には頬当てと錣が付いている。両手には甲当ての上に鞆を結んで左手には弓を持ち、剣に右手をかけている。埴輪作者の関心はもっぱらこれらの武具にあり、挂甲の小札は刻線で、冑の鋲留は浮文で詳細にあらわされている。新式武具の威力に感銘したためだろうか。頬当ての間から見える武人の顔は、古墳時代後半の一般的な表現である。

« こちらはロンドンです | トップページ | 始皇帝と不老不死 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« こちらはロンドンです | トップページ | 始皇帝と不老不死 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31