無料ブログはココログ

« 安土城の石垣と穴太衆 | トップページ | 法隆寺九面観音像 »

2008年2月14日 (木)

天明の美人画家清長

Img_0002

        鳥居清長「つらら取り」 天明6年

    雪に覆われた朝、振袖の若い2人の女が庭に立っている。1人は長い煙管を手にして軒端のつららをたたき落している。他の1人は雪をかぶった庭の梅の花を摘み取っている。何れも吉原の芸者で、遊里の朝の景色であろうか。

   鳥居清長(1752-1815)は江戸木材町1丁目で生まれた。父は書肆を営む白子屋市兵衛といい、家業の関係から浮世絵版画や草双紙・絵本などを目にすることが多く、幼くして鳥居清満に弟子入りする。明和7年師より清長の名を許され、一枚ものの芝居絵の何枚かを売り出した。天明元年には健康的で明るい、流麗な線描を主体とする清長独特の画風を確立し、歌麿が世に出るまで、浮世絵の世界の第一人者であった。

« 安土城の石垣と穴太衆 | トップページ | 法隆寺九面観音像 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

先生、こんばんは。おさむうございます。
東京で雪が積もった時に、おじさんとキャバクラ嬢達が雪合戦をしたそうですね。本当かなあ?

いつも楽しいコメントありがとうございます。このブログは季節感が少ないので、雪の吉原という江戸情緒を楽しんでみました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 安土城の石垣と穴太衆 | トップページ | 法隆寺九面観音像 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30