無料ブログはココログ

« リベラーチ、世界が恋したピアニスト | トップページ | 安土城の石垣と穴太衆 »

2008年2月 9日 (土)

伊藤快彦「大奥女中」

Img_0013

   大奥女中  伊藤快彦 明治41年

                 京都市美術館蔵

   伊藤快彦の代表作の一つに「少女像」(明治24年作)がある。小品であるが、師の原田直次郎の影響で緻密な写実による力作である。この「大奥女中」は明治後期に盛行した歴史風俗画を代表する作品で、将軍家の大奥の女中の初々しい局の表情に絵の題目がある。

   伊藤快彦(いとうよしひこ、1867-1942)は田村宗立に師事し、明治21年、京都府画学校を卒業すると上京して小山正太郎、原田直次郎の門に学ぶ。明治26年に家塾鍾美会を開設する。明治34年に同志と関西美術会を創立し、また浅井忠を助けて関西美術院を興し、晩年には院長として後進の指導に尽力した。

« リベラーチ、世界が恋したピアニスト | トップページ | 安土城の石垣と穴太衆 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« リベラーチ、世界が恋したピアニスト | トップページ | 安土城の石垣と穴太衆 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30