無料ブログはココログ

« ドイツ表現主義 | トップページ | 揚州八怪・金農 »

2008年2月28日 (木)

万葉の花アセビ

Img_0001_2

わが背子にわが恋ふらくは奥山の

            馬酔木の花の今盛りなり

                 (万葉集巻10,1903)

春山の馬酔木の花は悪しからぬ

        君にはしゑや寄そゆともよし

                    (万葉集10,1926)

    スズランのような白い壷形の花を房状につけて早春の風に揺れ、風情に満ちた姿で咲くアセびは、万葉の時代から親しまれてきた花木のひとつである。ただし、有毒植物のひとつでもあり、茎葉を牛や馬が食べると酒に酔ったようになることから「馬酔木」の名が生まれた。

    やや乾燥した山地に生え、高さは2~9メートルになる。葉は互生し、長さ3~8センチの倒披針形で厚い革質。ふちには鈍い鋸歯があり、両面とも無毛。3~5月、枝先に円錐花序をだし、白い花が多数垂れ下がって咲く。花冠は長さ6~8ミリの壷形で先は浅く5裂する。雄しべは10個で、花糸には短毛があり、葯には刺状の突起が2個ある。雌しべは1個。蒴果は直径5~6ミリの扁球形で上向きにつき、9~10月に熟す。(引用文献:「日本の樹木」山と渓谷社)

« ドイツ表現主義 | トップページ | 揚州八怪・金農 »

「自然・科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ドイツ表現主義 | トップページ | 揚州八怪・金農 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31