無料ブログはココログ

« チャーチル会と戦後文化人たち | トップページ | 龐統、落鳳坡に死す »

2008年1月28日 (月)

青鞜五人の女たちのその後

    明治44年、婦人文芸誌「青鞜」が刊行された。このとき発起人の五人の女性が、平塚らいてう(1886-1971)、保持研子(1885-1947)、中野初子(1886-1983)、木内錠子(1887-1919)、物量和子(1888-1979)である。平塚、保持、中野、木内の4人は日本女子大学校国文科の同級生。姉の物集芳子(お茶の水女学校)は結婚のためぬけて、代わって妹の和子(跡見高等女学校)が参加した。

    木内錠子はフランス語を学び、大正6年、文部省の検定試験に合格し、劇作家を志したが、大正8年9月11日、33歳の若さで病没。

    保持研子は明治生命の小野東と結婚、昭和22年5月23日、63歳で死没。

     平塚らいてうは戦後、平和憲法擁護を訴え、世界平和と原水爆禁止の運動をする。昭和45年にはベトナム反戦運動を展開。昭和46年5月24日、東京代々木病院で死去。

     物集和子は藤岡一枝の筆名で「おきみ」などの小説を発表。昭和54年7月27日、特別養護老人ホームさつき荘で90歳で死没。

    中野初子は遠藤亀之助と結婚。俳人となる。昭和58年11月18日、97歳で死没。

« チャーチル会と戦後文化人たち | トップページ | 龐統、落鳳坡に死す »

「日本文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« チャーチル会と戦後文化人たち | トップページ | 龐統、落鳳坡に死す »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31