無料ブログはココログ

« 佐藤次郎・青春の蹉跌 | トップページ | 司馬遼太郎の俯瞰的歴史観察 »

2008年1月 6日 (日)

卓球のイチロー

   戦後、卓球は日本人得意のスポーツだった。いま福原愛がアイドル的存在だが、かっては卓球といえば荻村伊智朗(1932-1994)であった。(めんこの絵柄にもあった)「卓球のイチロー」は卓球日本の名を世界にとどろかせた人なのである。彼の強さの秘訣はなんだったのか。彼は「ハングリーだったからね」という。三歳のときに父親に死なれて、母親一人で育てられた。三鷹の駅前で揚げパンやおツマミを売ったり、砂利運びをした。日大時代も昼間はアルバイトをしていた。母に「卓球なんかしないで勉強しなさい」といわれるたびに、不思議なもので卓球がやりたくなったそうだ。

     

« 佐藤次郎・青春の蹉跌 | トップページ | 司馬遼太郎の俯瞰的歴史観察 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 佐藤次郎・青春の蹉跌 | トップページ | 司馬遼太郎の俯瞰的歴史観察 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30