無料ブログはココログ

« 永山一夫と「ゼロ戦黒雲隊」 | トップページ | 月の精・嫦娥 »

2007年11月25日 (日)

戦艦金剛、ガダルカナル島集中砲火

    戦艦金剛は太平洋戦争開戦以来、マレー攻略作戦、空母機動部隊の印度洋作戦、ミッドウェー作戦などに参加したが華々しい戦運に恵まれなかった。

   昭和17年10月12日、第1次挺身隊は米艦隊と交戦し、重巡古鷹が沈没した。司令官栗田健男中将率いる第3戦隊「金剛」「榛名」は第2水雷戦隊とともに第2次挺身隊を結成し、古鷹の弔合戦に出撃した。金剛、榛名は13日予定通りにガダルカナル島に接近した。13日20時30分、総員戦闘配置につき、23時37分、砲撃開始。金剛は対空用三式弾を104発、榛名は対空用零式弾を189発撃った。ヘンダーソン基地はたちまち火の海となった。96機の航空機のうち54機がやられ、ガソリンタンクは炎上した。金剛からガダルカナル島全体が燃えているように見えた、といわれる。

« 永山一夫と「ゼロ戦黒雲隊」 | トップページ | 月の精・嫦娥 »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 永山一夫と「ゼロ戦黒雲隊」 | トップページ | 月の精・嫦娥 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31