無料ブログはココログ

« モディリアーニの恋人 | トップページ | 社会文芸研究会とマル芸 »

2007年11月 4日 (日)

汝を許す

   韓国ドラマ「秋の童話」でウンソ(ソン・へギョ)とジュンソ(ソン・スンホン)がよく言っていた「ノエ チェルル サハノラ」(汝を許す)は「春のワルツ」でも重要なセリフとして登場する。(第14話「涙の井戸」)ウニョン(ハン・ヒョジュ)とチェハ(ソ・ドヨン)は青山島(チョンサンド)で再会する。ウニョンがチェハを母の墓へと案内する。「涙で私の心の中に井戸ができたの。一生枯れることのない井戸が。でも今はチェハがいるから大丈夫。寂しくない」と、墓に眠る母へスンに話す。しかし、チェハは、あらためてウニョンの心に残してきた傷の深さを思いしらされ、罪悪感のため墓に目を向けられない。そんなチェハに対して、ウニョンは言う。

「今は全部わかったから

全部許せるから

もう私から逃げないで

ノエ チェルル サハノラ

あなたの罪は許されました」

「ノエ チェルル サハノラ」は古語的な表現で、韓国の時代劇にも使われる。「サハノラ」は「許したもう」という感じ。

« モディリアーニの恋人 | トップページ | 社会文芸研究会とマル芸 »

「韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« モディリアーニの恋人 | トップページ | 社会文芸研究会とマル芸 »

最近のトラックバック

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30