無料ブログはココログ

« これが青春だ | トップページ | 台風のダンス「藤原の効果」 »

2007年10月 8日 (月)

咲子さんちょっと

   「おおい、居ないか、ちょっと来てみい」

   高太郎が呼んでいる。何でも呼びつけるのが高太郎の癖である。

                        *

   中島さと子の原作「咲子さんちょっと」(嫁に贈る手紙)のドラマ化が江利チエミ主演で実現したのは昭和36年のことであった。

   昭和30年代、歌手江利チエミは「サザエさん」のような庶民的なキャラクターでホームドラマには欠かせない女優でもあった。昭和36年から40年まで断続的に制作された「咲子さんちょっと」はテレビ初期の人気番組。新妻の咲子(江利チエミ)、作曲家の夫の京太郎(小泉博)、京太郎の父・高太郎(伊志井寛)、規子(葦原邦子)らの暖かい人間関係を描く。主題歌「咲子さんちょっと」や劇中歌の神津善行の「新妻に捧げる歌」もヒツトした。

Photo_3   原作者の中島さと子(1904-1974)の夫は「日の丸旗之助」で有名な漫画家の中島菊夫(画像1897-1962)であり、長男の中島靖侃はSFマガジンの表紙イラストレーターとして知られている。咲子さんのモデルは、中島和子。

             咲子さんちょっと

          作詞:宮田達男、曲:神津善行

  ちょっと ちょっと来て

  ちょっと  待って

  ハイ ハイ

  ハイハイハイハイ

  ハイハイハイハイ

  目がまわる

  ある日ある時 日が暮れて

  甘く明るい 窓あかり

  ちょっぴりおセンチ ああ……

  ちょっとふくれた 花嫁さん

  ワン トゥー スリー フォー

  アッハッ ハヒフヘホホホー

  アッハッ ハヒフヘホホホー

  ちゃっかり笑った 咲子さん

« これが青春だ | トップページ | 台風のダンス「藤原の効果」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« これが青春だ | トップページ | 台風のダンス「藤原の効果」 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30