無料ブログはココログ

« 蛍窓雪案 | トップページ | 夏目漱石と「罪と罰」 »

2007年9月29日 (土)

三角大福から背水の陣内閣まで

    昭和47年、佐藤栄作の後継者として、「三角大福」すなわち、三木武夫、田中角栄、大平正芳、福田赳夫の四人が争そっていた。そして7月7日、第64代内閣総理大臣田中角栄が組閣した。新内閣の支持率は62%と非常に高かった。朝日新聞は福田康夫の新内閣が53%として、田中以降の各内閣の最初の支持率を載せている。(朝日新聞社世論調査)

    三木武夫45%、福田赳夫28%、大平正芳42%、鈴木善幸52%、中曽根康弘37%、竹下登48%、宇野宗佑28%、海部俊樹39%、宮沢喜一54%、細川護熙71%、羽田孜47%、村山富市35%、橋本龍太郎61%、小渕恵三32%、森喜朗41%、小泉純一郎78%、安倍晋三63%である。福田新内閣の最初は53%と予想外に高い支持率だったが、背水の陣内閣の前途は多難だ。

« 蛍窓雪案 | トップページ | 夏目漱石と「罪と罰」 »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 蛍窓雪案 | トップページ | 夏目漱石と「罪と罰」 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31