無料ブログはココログ

« ハン・ジヘが語る素顔のイ・ドンゴン | トップページ | 蛍窓雪案 »

2007年9月29日 (土)

戦後イタリアの映画と音楽

   映画「家族日誌」(ヴァレリオ・ズルリーニ監督)が日本で公開されのは、東京オリンピックが開催されていた昭和39年のことだった。ラスト近くで病気で衰弱した弟のロレンツォ(ジャック・ぺラン)がオレンジ・マーマレードが食べたいと言い、兄のエンリコ(マルチェロ・マストロヤンニ)が雨の中を探し回るが見つけることができなかった。「この時ほど戦争を恨んだことはなかった」

   イタリアは日本と同じ敗戦国。小市民生活の哀歓を描く作品も多く、ハリウッド映画と異なり、庶民が共感できる映画が多かった。「靴みがき」「自転車泥棒」(ビットリオ・デ・シーカ監督)、「にがい米」(ジュゼッペ・デ・サンテス監督)、「無防備都市」(ロべルト・ロッセリーニ監督)など。イタリアン・ネオリスモは国際的ブームとなった。その後もフェデリコ・フェリーニの「道」「「カビリアの夜」「甘い生活」、ピエトロ・ジェルミの「鉄道員」「わらの男」「刑事」、ミケランジェロ・アントニオーニの「情事」「太陽はひとりぼっち」、ヴァレリオ・ズルリーニの「家族日誌」、エルマンノ・オルミの「就職」、マウロ・ボロニーニの「堕落」など芸術性の高い作品がイタリア映画界から生まれた。

   日本でのイタリアブームは映画だけではなかった。ポピュラー音楽では、カンツォーネブームが昭和35年から昭和40年前半まで続いた。森山加代子の「月影のナポリ」(ミーナ)、ザ・ピーナッツ「ブーべの恋人」、弘田三枝子「砂に消えた涙」(ミーナ)などのカヴァ曲がヒットパレードでアメリカン・ポップスを抑えてカンツォーネが第一位を飾っていた。ホイホイミュージックスクール出身の布施明の発声法はいまでもカンツォーネ風なのはその影響によるものである。伊東ゆかり「恋する瞳」のサンレモ音楽祭入賞を頂点として、日本でのカンツォーネブームは衰退に向かう。イタリア映画界も、マカロニウエスタン全盛となり、マウロ・ボロニーニ監督の「わが青春のフローレンス」(マッシモ・ラニエリ、オッタビア・ピッコロ)以降あまり記憶にない。今年7月30日、ミケランジェロ・アントニオーニが94歳で亡くなったという。

« ハン・ジヘが語る素顔のイ・ドンゴン | トップページ | 蛍窓雪案 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ハン・ジヘが語る素顔のイ・ドンゴン | トップページ | 蛍窓雪案 »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31