無料ブログはココログ

« 「羅生門」出版記念会 | トップページ | 無頓着な王安石 »

2007年7月 1日 (日)

金の卵を産むめんどり

   貪欲は一切を得ようとして一切を失う。このことの証明に、わたしはいま、寓話の言い伝える、日々、金の卵を一つ産むめんどりを持った男のことだけを語りたい。

   彼は、めんどりの腹の中には金塊があるに違いないと思った。そこで腹を裂いてみた。しかし、腹の中には金塊などなかった。こうして、一挙に、最も立派な財産を自ら捨てることになった。

   これは、けちな連中へのよい教え。早く金持ちになろうと、焦るあまりに一夜明ければ乞食となりさがる。近頃、こうした連中のいかに多くいることか。(「ラ・フォンテーヌの寓話」)

« 「羅生門」出版記念会 | トップページ | 無頓着な王安石 »

「昔話・民話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「羅生門」出版記念会 | トップページ | 無頓着な王安石 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30