無料ブログはココログ

« アナーニ事件とアヴィニョン捕囚 | トップページ | 修道院運動 »

2007年7月 7日 (土)

15世紀の異端運動

   15世紀にはいると、教会の中心は、ピサ(1409年)、コンスタンツ(1414-1418)、バーゼル(1431-1449)などの公会議が開かれて教会改革が議せられるようになった。そして、この過程において、フランスのアルビジョア派、イギリスのジョン・ウイクリフ(1320?-1384)、ベーメンのフス(1369?-1415)、フィレンツェのサヴォナローラ(1451-1498)などがカトリックの教義を批判し、かつ教会改革の運動に乗り出しし、宗教界は大いに混乱した。皇帝ジギスムント(在位1411-1437)はコンスタンツに公会議を召集し、教会の統一、異端問題の処理などを議し、その結果、公会議の最高主権が確認され、ローマの大分裂を終わらせ、かつフスの説を異端として彼を火刑に処した。このため混乱は一応おさまったが、ベーメンの民衆はフスを殉教者と仰いで反乱をおこし(フシーテン運動)、カトリック側と対抗した。フス戦争は20年余り続き(1419-1436)、結局カトリック側の譲歩によって終わった。こうしたウィクリフやフスの思想と行動は、のちの宗教改革の先駆となった。

« アナーニ事件とアヴィニョン捕囚 | トップページ | 修道院運動 »

「世界史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アナーニ事件とアヴィニョン捕囚 | トップページ | 修道院運動 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31