無料ブログはココログ

« ケンケンとレモンちゃん | トップページ | あるサラリーマンの証言 »

2007年6月26日 (火)

坂田三吉、こゆう

   坂田三吉(1870-1946)は、明治3年7月1日、坂田卯之吉、クニの長男として大阪府大島郡舳松村に生まれた。青年期の坂田三吉について詳しいことはわからない。

    明治の終わり頃、遠く通天閣が見渡たせる貧乏長屋に麻草鞋づくりの職人・坂田三吉と妻・こゆうが住んでいた。三吉は無学文盲だが将棋だけは滅法強い。将棋の会と聞けば、仕事そっちのけで飛び出して行ってしまう。おかげで家はいつも火の車。

   折りしも東京方の名人・関根金次郎八段が来阪。三吉はこれに挑戦、双方死力をつくして闘い、ついに二五銀の一手で関根を倒した。以来、三吉は大阪に坂田ありといわれる専門棋士になったが、無学文盲の悲しさ、ついに名人位は彼の頭上を素通りしてしまった。昭和13年に引退、昭和21年、死去。没後の昭和30年名人・王将位を追贈された。

« ケンケンとレモンちゃん | トップページ | あるサラリーマンの証言 »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ケンケンとレモンちゃん | トップページ | あるサラリーマンの証言 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31