無料ブログはココログ

« 伊勢物語、東下り | トップページ | 青木繁と福田蘭堂と石橋エータロー »

2007年5月 7日 (月)

青年同心隊

    江戸八丁堀は町奉行の組屋敷があり、同心が住んでいた町として、映画やテレビドラマの舞台として登場することが多い。江戸の市民たちが「八丁堀」あるいは「八丁堀の旦那」と言えば町奉行の与力や同心を指す。

    与力は、御留守居・大御番頭・御書院組頭・御鉄砲組頭・御持弓組頭など高位武官に直属する与力と、町奉行に所属する与力とがあった。

   与力の下役として同心がある。起源は戦国時代に寄親(大名配下の有力家臣)の要請に騎馬で応じる同心という組織に由来する。町奉行所では町方同心、市中見回りを行なった回り方同心がよく知られている。ほかに物書同心(書記役)といった役目もある。

   外役としては三廻り、つまり隠密廻り、定町廻り、臨時廻り、があった。

   テレビドラマでは、必殺シリーズ第2作「必殺仕置人」(昭和48年)から登場した中村主人(藤田まこと)や「大江戸捜査網」(昭和45年)の隠密同心、十文字小弥太(杉良太郎)、井坂十蔵(瑳川哲朗)などお茶の間で知られている。ケペルとしては「青年同心隊」(昭和39年)という4人の見習い同心のドラマが印象に残る。配役は、西島一、高島英志郎、戸浦六宏、南広、石川進、石間健史、石浜朗、佐野周二など。主題歌が記憶にある。

         青年同心隊

  歩いても 歩いても

  虹はこの手につかめない

  けれど虹はそこにある

  七つの色に輝いて

  町と町と結んでる

  たとえ命はつきるとも

  虹を求める

  心はひとつ

  われら青年同心隊

« 伊勢物語、東下り | トップページ | 青木繁と福田蘭堂と石橋エータロー »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 伊勢物語、東下り | トップページ | 青木繁と福田蘭堂と石橋エータロー »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30