無料ブログはココログ

« 芥川龍之介の心中未遂 | トップページ | 呉下の阿蒙にあらず »

2007年4月 1日 (日)

沖雅也と仲雅美

   昭和47年のマルベル堂のブロマイド・ランキング男性俳優部門は、

  第1位 森田健作

  第2位 沖 雅也

  第3位 石橋正次

  第4位 仲 雅美

  第5位 志垣太郎

   沖雅也(1952-1983)と仲雅美(1950生)は、名前と顔立ちが少し似ていることから、ある雑誌で二人が並んだ特集記事を読んだ記憶がある。チャンネルNECOで「さぼてんとマシュマロ」(1971)を放送していた。週刊セブンティーンに連載された武田京子の漫画が原作で、吉沢京子主演の少女向け30分ドラマだ。家内が子供のとき見て、よかったというのでお付き合いでみたが、なかなか完成度の高いドラマだった。一見コミカルなようで、途中からシリアスになる展開は、ハマルとみどころが多い作品。男性から見ると、吉沢京子の可愛さが魅力であるのはもちろんだが、沖雅也と仲雅美の兄弟役というのが、昭和46年という時代を知っている者にとっては切ないほどに美しく哀しい。

    沖雅也は大分県別府市出身で、15歳の時、両親の離婚を契機に家出同然で上京した。ラーメン屋のアルバイトやスナックのバーテンなどしながら大都会の貧乏暮らしをしていたが、東大卒の道楽者の日景忠男に出会う。日景の売り込みで日活映画に出演する。丘みつ子の「ある少女の告白 純潔」で昭和43年には幸運にも映画デビューする。だが日活はポルノ映画を制作するようになり、映画への出演がなくなる。そこでテレビに出演し、「花と竜」(渡哲也主演)「犬と麻ちゃん」(和泉雅子主演)「クラスメート」(武原英子主演)「金メダルへのターン」(梅田智子主演)、そして「さぼてんとマシュマロ」で沖雅也は初めて大きな役をつかんだ。

    仲雅美は歌手でデビューし、その後、木下恵介に見出されドラマ「冬の雲」に出演、主題歌の「ポーリシュカポーレ」が大ヒットした。「さぼてんとマシュマロ」は沖雅也より2歳上の仲が弟役で共演している。その後も、由美かおると共演した「同棲時代」「しなの川」や西城秀樹の「愛と誠」に出演し青春スターとしての一時代を築いた。

   ところで「さぼてんとマシュマロ」のあらすじは、マシュマロみたいなフワフワした女子高生・伊藤真理子(吉沢京子)は4人姉弟の長女。家計のために雑誌社に就職する。真理子は洗練された女性誌の編集部を希望するが、間違ってエッチな男性誌「TOMTOM」の面接試験を受けてしまい採用される。そこに待っていたのはサボテンのように尖った影をもつ青年カメラマン伊藤仁(沖雅也)だった。仁は「俺は危険な無数のトゲを持っているサボテンなんだ」という(第6話)。真理子と仁とは事あるこどに衝突するが次第に惹かれていく。仁は良家の子息で弟の明(仲雅美)がいる。そして仁には隠されたある秘密があった。出演は他に、三谷昇、加藤治子、山東明子、水沢有美など。

    「さぼてんとマシュマロ」の主題歌「恋をするとき」(作曲・宮川泰、作詞・岩谷時子)は吉沢京子のほんわかした歌い方がなかなか快感である。劇中の伊藤真理子=吉沢京子のイメージと楽曲がピッタリ合っている。古き良き青春ドラマの名曲である。歌詞が残念ながら正確ではないがあげておく。

          恋をするとき

1  私も恋を するときが あるかしら

  その日がいつか わかればいいな

  恋人ならば 誰よりも 優しくて

     翼の中で 愛してくれる

  ああ 甘い夜霧に濡れる

  夜 私の愛も開く時

  その日が来たら 幸せが遠くても

  ひとつの夢を 二人でみつめて行こう

2   誰にも胸の なかまでは のぞけない

    私にだけは 見えたらいいな

    愛した人に 誰よりも 愛されて

    小鳥のように 暮らしてみたい

    ああ 甘い夜霧に濡れる

    夜 私の愛も開く時

    その日が来たら 幸せが遠くても

    ひとつの夢を 二人でみつめて行こう

   この作品のあと、沖雅也は岡崎友紀と共演で「小さな恋の物語」(みつはしちかこ原作)で女学生のアイドルスターとなる。今からおもえばあの頃は30分ドラマ全盛期だった。

ドラマ主題歌で秀逸なのは桜田淳子の「玉ねぎむいたら」

玉ねぎむいてるだけなの 泣いてないわ
涙がこぼれて 困るの 止まらないわ
だけど涙がほほをぬらしい いると
変ね 私は センチになってきた
幼い日 夕焼け もう遠い人 など
玉ねぎむいてるだけなの 泣いてないわ
いまは泣きたいことはなにもないのに
てんでなみだが泣きたくなってきた
ともたぢやこいびと あの人のことなど
玉ねぎむいてるだけなの 泣いてないわ

« 芥川龍之介の心中未遂 | トップページ | 呉下の阿蒙にあらず »

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

(⌒∀⌒)初めまして…。

不明の一行は,

「翼の中で愛してくれる」

だったと思います。

…不覚にも
涙してしまいました。
検索して良かった。
ありがとうございます。

「恋をするとき」の歌詞をお教えていただきありがとうございます。返事が遅れた理由は、シャナな性格で女性からの投稿があると、うれしいのですが何と返事を書いてよいかわからなくなるからです。

沖雅也は自ら命を絶ってしまいましたね。仲雅美は、「あの人は今、どうしているか」という内容の番組で、今年、久しぶりに姿を見ましたが、別人のように変わってしまい驚きました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 芥川龍之介の心中未遂 | トップページ | 呉下の阿蒙にあらず »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30