無料ブログはココログ

« ミコと2人のミッチー | トップページ | 芥川龍之介の心中未遂 »

2007年3月29日 (木)

串刺し公ヴラド・ツェぺシュ

   ハンガリーの将軍フニャディ・ヤーノシュ(1387頃-1456)は、オスマントルコの大軍をベオグラードの戦い(1456)で破り、侵入を阻止したが、疫病で死亡した。

   そのころワラキア公国(現ルーマニア南部)の君主になったヴラド・ツェぺシュ・ドゥラクル(1431-1476)は、首都に貴族たちを招集して、自分の父親と兄の暗殺に加担した貴族たちを串刺しの刑に処した。そして、杭に刺されて悶絶する貴族たちの姿を眺めながら祝宴を開いたという。

   彼は吸血鬼ドラキュラのモデルとして知られているが、本当はオスマントルコの侵略からルーマニアを守り、独立のために戦った英雄だった。

« ミコと2人のミッチー | トップページ | 芥川龍之介の心中未遂 »

「世界史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ミコと2人のミッチー | トップページ | 芥川龍之介の心中未遂 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30