無料ブログはココログ

« アメリカの進歩と貧困 | トップページ | 渡辺水巴と渡辺省亭 »

2007年3月14日 (水)

貧乏人は肉を食え

   晋の武帝のあとをついだ恵帝は、世界史上にもまれな暗愚な君主であった。あるとき大臣が「ちかごろ世の中は飢饉で、貧乏人は米が食えなくて困っております」と伝えると、恵帝は不思議そうな顔をして、「それなら肉を代用食にしたらどうだ」と答えたという。このような天子を表に立てて、悪がしこい賈皇后が勝手なことをおこない、人望ある大臣を殺したりした。そのため、一族の八人の王たちが、かわるがわる兵をつれて都にはいっては政権をにぎろうとし、親類どうしが殺し合いを始めた。これがいわゆる八王の乱(300-306)である。国内は混乱し、五胡の中原侵入を招き、西晋の滅亡は早められた。

« アメリカの進歩と貧困 | トップページ | 渡辺水巴と渡辺省亭 »

「世界史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アメリカの進歩と貧困 | トップページ | 渡辺水巴と渡辺省亭 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30