無料ブログはココログ

« デコちゃんと函館大火 | トップページ | 懐かしのアメリカンTVウエスタン »

2007年2月16日 (金)

大船山とミヤマキリシマ

    大船山(だいせんざん)山頂の南斜面は、初夏のころ紅紫色に咲く花 ミヤマキリシマで埋め尽くされる。大船山は九重連山の一つで、久住山、稲星山、星生山、天狗ヶ城、中岳、三俣山、白口岳、平治岳などが聳える。九重連山の真ん中にある窪地が「坊がつる」である。「坊がつる」とは、かつてこの地は天台宗の霊場として栄え、「坊」(本坊弘蔵坊)のある「つる」(平坦地、湿原)という意味。

    昭和53年、芹洋子によって「坊がつる讃歌」が全国に広められたが、原曲は昭和15年に作られた広島高等師範学校山岳部部歌。

1 人みな花に 酔うときも

  残雪恋し 山に入り

  涙を流す 山男

  雪解の水に 春を知る

2 みやまきりしま 咲き誇り

  山紅に 大船の

  峰を仰ぎて 山男

  花の情けを 知る者ぞ

« デコちゃんと函館大火 | トップページ | 懐かしのアメリカンTVウエスタン »

「地理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« デコちゃんと函館大火 | トップページ | 懐かしのアメリカンTVウエスタン »

最近のトラックバック

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31