無料ブログはココログ

« 小林多喜二と志賀直哉 | トップページ | ヤコブの夢 »

2007年2月17日 (土)

良寛と茶席

   ある日、良寛は茶席の行儀に退屈して鼻クソを丸めていたが、そのやり場がないまま右側におこうとした。ところが右側の客はこれを知って袖をいそいでたぐり寄せてしまった。そこで左におこうとすると、左側の客も、そうはさせじと袖を引いた。良寛はしかたなく、丸めたものを鼻に戻したという。

    またあるとき、良寛は濃茶であるのに飲みほしてしまった。ところがつぎの客があるのでやむなく口の中の茶を椀に吐き出して渡した。その人は念仏を唱えながら飲んだという。

« 小林多喜二と志賀直哉 | トップページ | ヤコブの夢 »

「禅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小林多喜二と志賀直哉 | トップページ | ヤコブの夢 »

最近のトラックバック

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31