無料ブログはココログ

« 北村兼子と人見絹枝 | トップページ | 徳川家光と酒井忠勝 »

2007年1月14日 (日)

足立の分類

   耳垢には「じとじと」の湿ったタイプと「かさかさ」の乾いたタイプの2種類があることを、学問的に初めて明らかにした学者は、足立文太郎(1865-1945)である。2種類の耳垢があるのはモンゴロイド特有のもので、黒人や白人は「かさかさ」はなく、ほぼ全員が「じとじと」のタイプだという。日本人は先に「じとじと」の縄文人が住みつき、あとから来た渡来人と混血した結果、新モンゴロイドは耳垢が「かさかさ」に変化していったという。この足立文太郎は小金井良精の門下生で、人類学者、解剖学者、嗅覚研究家でもある。解剖学では、とくに「足立の分類」で世界的に知られている。肉眼解剖、とくに腹腔動脈などの血管の破格には「足立の分類」といわれる様々な血管を観察し分類できることが大切であり、足立の「日本人の動脈系統」(昭和3年)「日本人の静脈系統」(昭和8年)の著書は現在でも解剖学者にとって必読の書であるという。なお、作家の井上靖は昭和10年に足立文太郎の長女ふみと結婚している。

« 北村兼子と人見絹枝 | トップページ | 徳川家光と酒井忠勝 »

「自然・科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北村兼子と人見絹枝 | トップページ | 徳川家光と酒井忠勝 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30