無料ブログはココログ

« アーミッシュ派 | トップページ | 「万葉集」冒頭の歌 »

2007年1月31日 (水)

聖徳太子を救った男

    一万田尚登(いちまだひさと、1893-1984)は、昭和21年、新木栄吉が公職追放になると、その後任として日銀総裁になった。GHQは、それまで紙幣に登場していた聖徳太子、和気清麻呂、武内宿禰、日本武尊ら7人の肖像を使用することを禁止するといいだした。そこで一万田は「他の人はともかく、聖徳太子は軍国主義とも封建主義制度とも関係ない人だから残すように」と申し入れた。GHQ側は「聖徳太子は天皇家の一族だから」という理由で、これを突っぱねる。一万田は聖徳太子が定めた十七条憲法を持ち出す。「冒頭の、和を以って貴しとなす、とした太子は平和主義者なのだ」と多少、奇妙な論理を持ち出して食い下がり、とうとうGHQ屈服させたという。一万田の日銀総裁8年7ヵ月といのは歴代総裁の最長記録だが、ちょっぴり自慢げに「聖徳太子に救われた人は多かろうが、太子を救ったのは私だけだと思っている」と話していたという。

« アーミッシュ派 | トップページ | 「万葉集」冒頭の歌 »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アーミッシュ派 | トップページ | 「万葉集」冒頭の歌 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31