無料ブログはココログ

« 三条木屋町紅屋 | トップページ | 芹沢鴨暗殺 »

2006年12月 7日 (木)

里御坊の女

    「燃えよ剣」第4回「里御坊の女」。宝鏡寺尼門跡の里御坊だった大仏裏の古家に佐絵(赤座美代子)が住み、人に歌学を伝授している。というのは表むきで、この里御坊は、諸藩脱藩の士の隠れ場所の一つであった。佐絵はかれらの考えに共鳴し、この古家を管理しながら、かれらを世話し、勤皇烈女、といった存在になっている。武州で土方歳三に片腕を斬られた七里研之助(亀石征一郎)はこの里御坊にいた。監察山崎の探索で場所がわかった。土方と七里の決闘は一瞬に終わった。

« 三条木屋町紅屋 | トップページ | 芹沢鴨暗殺 »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三条木屋町紅屋 | トップページ | 芹沢鴨暗殺 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30