無料ブログはココログ

« 「映画の父」はリュミエール兄弟 | トップページ | 三島由紀夫「仮面の告白」 »

2006年12月 3日 (日)

壮絶、土方歳三の最期

   「新選組血風録」第26話は最終回「燃える生命」。明治2年5月官軍の総攻撃が始まり、土方歳三はわずかな手兵を率い、馬に乗って出陣した。流弾に当たって戦死。武州日野の農家に生まれ、少年のころから夢みた「武士道」を実践し、新選組副長となった。京都、会津、仙台、箱館と死地を求めて転戦し、35歳の命を絶った。

    最後に、このドラマを盛り上げた主題歌「新選組の旗は行く」渡辺岳夫作曲、高橋掬太郎作詞が心にしみる。

    新選組の旗は行く

1 花の吹雪か 血の雨か

  今宵白刃に 散るは何

  誠一字に 命をかけて

  新選組は 剣を執る

2 三つ葉葵に 吹く嵐 

  受けて立つのも 武士の意地

  加茂の千鳥よ 心があらば

  新選組の 意地に泣け

3 明日はこの身が 散らば散れ

  燃える命に 悔いはない

  月に雄叫び 血刀かざし

  新選組の 旗は行く

« 「映画の父」はリュミエール兄弟 | トップページ | 三島由紀夫「仮面の告白」 »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「映画の父」はリュミエール兄弟 | トップページ | 三島由紀夫「仮面の告白」 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30