無料ブログはココログ

« 連合艦隊長官の更迭 | トップページ | 鏡に照らして白髪を見る »

2006年11月24日 (金)

男子の本懐

    浜口雄幸(1870-1931)は、その威厳ある特異な風貌と篤実な人柄とから「ライオン宰相」と呼ばれ、昭和初期に軍縮の信念を持って国際協調路線を模索した。こうした中、昭和5年、海軍軍司令部の反対を抑えてロンドン軍縮条約に調印した。動揺する財部彪海相に対して、浜口は「玉砕スルモ男子ノ本懐ナラズヤ」(財部彪日記)と励ました。11月、軍縮に反感を抱く右翼青年に狙撃され、重傷を負った。このとき浜口が発した有名な言葉が「男子の本懐」。随行した秘書官の創作説もあるが、現場に駆けっけた四女富士子は「父の本心」と創作説を否定する。その後、条約批准をめぐる議会に病躯を押して登院。翌年8月、61年の生涯を閉じた。

« 連合艦隊長官の更迭 | トップページ | 鏡に照らして白髪を見る »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 連合艦隊長官の更迭 | トップページ | 鏡に照らして白髪を見る »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31