無料ブログはココログ

« 木村昌福少将とキスカ島撤収作戦 | トップページ | 共同便所のイリュージョン・関根正二 »

2006年10月12日 (木)

河盛好蔵「Bクラスの弁」

   「Bクラスの弁」という随筆のなかで、河盛好蔵はこう書いている。「自分はBクラスに属する」が、それは「卑下して言っているのでは毛頭ない」。「精神の世界」ではAクラスとBクラスとは「横につながる階級であって、縦につながる階級ではない」。いたずらにAクラスに憧れるのではなく、その二つの階級の位置関係を定め、Aクラスのための地盤を用意し、「常に批評精神を働かせて、より高次なものを生むために、自分がその養いとなる覚悟をもつ」ことこそがBクラスの生き方だという。これは評論家としての河盛氏の自己定義であるが、この見事な覚悟は各分野でもいえるのではないだろうか。たとえば科学における基礎研究、あるいは歴史学における実証的な研究。それらは目立たぬ地道な研究であるが、最先端の研究者にとって有益なデータとなるであろう。願わくばこのブログがBクラスとまではいかないまでも、せめてCクラスに入れてもらい、何んらかのお役に立つといいのだが。(参考:清水徹「昭和文学全集31」)

« 木村昌福少将とキスカ島撤収作戦 | トップページ | 共同便所のイリュージョン・関根正二 »

「日本文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 木村昌福少将とキスカ島撤収作戦 | トップページ | 共同便所のイリュージョン・関根正二 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31