無料ブログはココログ

« 大庭葉蔵 | トップページ | 野中婉とチャングム »

2006年9月 8日 (金)

「スバル」と「白樺」の美術紹介

    明治43年前後は、ヨーロッパの新美術志向を学んで、相次いで帰国した一群の画家・彫刻家たちによってもたらされ、さらに詩歌雑誌「スバル」や、文芸雑誌「白樺」の活発なヨーロッパ美術紹介により、一層拍車をかけられたものである。まず、帰国作家を列挙しておくと、明治41年に斎藤与里、荻原守衛、明治42年には高村光太郎、津田青楓、明治43年には有島壬生馬、藤島武二、山下新太郎、南薫造、大正元年には石井柏亭、児島虎次郎、斎藤豊作、大正2年には梅原良三郎(龍三郎)、満谷国四郎、太田喜二郎、大正3年には安井曽太郎が帰国している。

    新時代の旗手のひとりである高村光太郎は、明治43年3月の「スバル」に「緑色の太陽」を発表した。これは、後期印象派に代表される、当時の新しい美術思想を高らかに宣言したものである。文芸同人雑誌「白樺」も、美術紹介に大きな比重を置いた。明治43年には有島「画家ポール・セザンヌ」、「ロダン特別号」、明治44年児島喜久雄訳「ヴィンツェント・ヴァン・ゴオホの手紙」、柳宗悦「ルノアールと其一派」、明治45年柳「革命の画家」、武者小路実篤「後期印象派について」、小泉鉄弥訳「ノア・ノア」(ゴーガン)、斎藤与里「ポール・ゴーガンの芸術」、有島「セザンヌを懐ふ」、「ゴッホ特別号」、大正2年高村訳「画論(アンリ・マチス)」、柳訳「アンリ・マチスと後印象派」、有島訳「回想のセザンヌ」(エミール・ベルナール)。そして作品図版もロダン、セザンヌ、ゴッホ、ゴーギャン、マティス、ムンクが多く掲載されている。前期「白樺」の美術紹介が、後期印象派に主力を注いだことは明らかといえよう。このように印象派は白樺派によって日本に紹介された際、「後期印象派」という訳語も長く使用されたが、最近では「ポスト印象派」という語が普及しつつある。

« 大庭葉蔵 | トップページ | 野中婉とチャングム »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大庭葉蔵 | トップページ | 野中婉とチャングム »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30