無料ブログはココログ

« イライザ・タルカットと神戸女学院 | トップページ | 山田敬蔵、ボストンマラソン優勝 »

2006年9月19日 (火)

那珂通世と自転車

   那珂通世(1851-1908)は、明治時代の東洋史学者。旧南部藩士藤村正徳の三男、藩儒那珂通高(江幡梧楼)の養子。養父が新政府らよって幽閉されたため、福沢諭吉のもとで苦学して学者となった。東洋史学の発展に寄与し、東洋史という言葉も彼が明治27年中学校の歴史教科書に用いたのが最初である。漢文の著書「支那通史」5冊(1888-90)は清国で翻刻され、通史に「那珂東洋小史」、「成吉思汗実録」等がある。

    那珂は自転車博士といわれるほど自転車による旅行が好きで、日本国内だけでなく、朝鮮や満州にまで自転車旅行をしている。

« イライザ・タルカットと神戸女学院 | トップページ | 山田敬蔵、ボストンマラソン優勝 »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« イライザ・タルカットと神戸女学院 | トップページ | 山田敬蔵、ボストンマラソン優勝 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30