無料ブログはココログ

« 吉田松陰の松下村塾と門下生たち | トップページ | 日本を愛した文人外交官モラエス »

2006年9月14日 (木)

大大阪の建設

    大正から昭和にかけての大阪は「大大阪」という呼び名のもと、商・工業の発展に、市域拡張に、都市計画事業の推進に全力をあげた。大正14年10月、大阪市が外郭団体として創設した大阪都市協会は、発足と同時に刊行した市政普及月刊誌「大大阪」の創刊号に、「都市の健全なる発達と市民福祉の増進とは、一に都市的施設の成否如何に依って決せらるる。而して之が建設に当たる者、或は国家なり、或は都市自治たるも、都市の建設は愛市精神の発露であり、市民の理解と自覚とに依って初めて達成せらるべきもの」と力強く宣言した。とくに南北に貫く御堂筋と地下鉄は、昭和初期に建設された、近代大阪の最大の記念碑である。昭和8年には梅田~心斎橋の地下鉄が開通し、昭和12年には御堂筋が完成した。

    もともと御堂筋というのは、北御堂(西本願寺津村別院)と南御堂(東本願寺難波別院)の門前を通る道に付けられた名である。かつて淀屋橋南詰から南下する道は、淀屋橋筋という幅6mほどの狭い道であった。それを一挙に8倍の48mに広げるためには、市民の絶大なる協力があり、江戸時代以来の自治都市大阪の伝統が力強く発揮された。

« 吉田松陰の松下村塾と門下生たち | トップページ | 日本を愛した文人外交官モラエス »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 吉田松陰の松下村塾と門下生たち | トップページ | 日本を愛した文人外交官モラエス »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31