無料ブログはココログ

« シェーンブルン宮殿とマリア・テレジア | トップページ | 「スバル」と「白樺」の美術紹介 »

2006年9月 8日 (金)

大庭葉蔵

    太宰治の作品の中で大庭葉蔵という名前は「道化の華」(昭和10年)と「人間失格」(昭和23年)との二作品の主人公として登場している。「道化の華」の大庭は、美術学校に学んだ洋画家志望の青年である。名家の出だが、父親とは折り合いが悪い。幼友達の小菅によれば、おしゃれで、嘘がうまく、好色で残忍な、一種特異な自尊心の持ち主でもある。銀座のバーで知り合った女と袂ヶ浦で心中し、相手は絶命。事件後に入院した療養院で、看護婦や友人たちと気取りのポーズをとったり、失敗談を披露しあったりして、互いの自尊心をかばいあいつつ、道化の交歓を繰り広げていく。

   「人間失格」の大庭は、東北の田舎町に生まれる。父は東京に別宅を持つ政治家。上京し、旧制高等学校在学中に心中事件を起こす。のちシズ子と同棲しながら大衆向けの漫画を書いて暮らしてゆく。ヨシ子の無垢の信頼心が汚されるのを目のあたりにし、その衝撃から薬品中毒に陥り、脳病院に入院する。生い立ち、左翼活動、心中事件、薬物中毒、脳病院入院などは、若干の改変を含みつつも、基本的には太宰治自身の昭和11年までの実生活の事実がふまえられている。

    「道化の華」と「人間失格」とで大きくことなる点は、「人間失格」では作者である「私」と葉蔵とは別人物である旨が強調されて、とくに[私」は葉蔵を嫌悪するのに対して、「道化の華」では「僕」は葉蔵をたえず弁護していることである。

« シェーンブルン宮殿とマリア・テレジア | トップページ | 「スバル」と「白樺」の美術紹介 »

「日本文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シェーンブルン宮殿とマリア・テレジア | トップページ | 「スバル」と「白樺」の美術紹介 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31