無料ブログはココログ

« 早稲田大学図書館・大阪毎日新聞社と毛利宮彦 | トップページ | ニーチェとローデと『悲劇の誕生』 »

2006年8月 1日 (火)

心に喜びを持て

    激しい雨や風に襲われれば、鳥までふるえあがる。これに対して、晴れたおだやかな日和に恵まれれば、草木までが喜びにあふれる。これで明らかなように、天地には一日として和気が欠かせず、人の心にも一日として喜びが欠かせないのである。(菜根譚)

« 早稲田大学図書館・大阪毎日新聞社と毛利宮彦 | トップページ | ニーチェとローデと『悲劇の誕生』 »

「人生訓」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 早稲田大学図書館・大阪毎日新聞社と毛利宮彦 | トップページ | ニーチェとローデと『悲劇の誕生』 »

最近のトラックバック

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28