無料ブログはココログ

« 小学一年を落第した谷崎潤一郎 | トップページ | 川端康成と夢二式美人 »

2006年8月25日 (金)

奥の細道・市振

一家に遊女も寝たり萩と月

    同じ宿に思いがけなく遊女も同宿して、一つ屋根のもとに寝ることになった。おりから萩の盛り、月の澄み渡った夜であった。西行と江口の遊女との故事も思い出され、思えばこれも狩の宿りであるこの人生での、あわれ深いめぐりあわせであった。

« 小学一年を落第した谷崎潤一郎 | トップページ | 川端康成と夢二式美人 »

「日本文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小学一年を落第した谷崎潤一郎 | トップページ | 川端康成と夢二式美人 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31