無料ブログはココログ

« 奥の細道・市振 | トップページ | 人に多くを求めるな »

2006年8月26日 (土)

川端康成と夢二式美人

  川端康成が若い日に竹久夢二を訪ねたが不在だった。

    「女の人が鏡の前に坐ってゐた。その姿が全く夢二氏の絵そのままなので、私は自分の眼を疑つた。やがて立ち上がって来て、玄関の障子につかまりながら見送つた。その立居振舞、一挙一投足が、夢二氏の絵から抜け出したとは、このことなので、私は不思議ともなんとも言葉を失つたほどだつた。(略)夢二氏が女の体に自分の絵を完全に描いたのである。芸術の勝利であろうが、またなにかへの敗北のやうにも感じられる。」(「末期の眼」より)

« 奥の細道・市振 | トップページ | 人に多くを求めるな »

「日本文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 奥の細道・市振 | トップページ | 人に多くを求めるな »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30