無料ブログはココログ

« 漢代隷書体の特質 | トップページ | 小学一年を落第した谷崎潤一郎 »

2006年8月24日 (木)

イギリス文学16世紀

    「航海と発見、音楽と戯曲と詩歌、調和と創造の時代」エリザベス女王のイギリスはまさに黄金時代であった。

    ルネサンスの精神をトマス・モアによって導入されたイギリスは、今や文学の開花を待つばかりであった。ジョン・リリーのエッセイふうの恋愛物語『ユーフューイーズ』は、派手で気どった文体ゆえに、ユーフューイズムという語を生みだした。フィリップ・シドニーも『アーケイディア』という恋愛小説を書いたが、彼の詩の擁護論は後の世代にまで影響を与えている。楽しませると同時にためになるという説は、英文学の伝統として長く残るものである。詩形としては無韻詩が生まれて、シェークスピアによって完成される。

   エドマンド・スペンサーの『神仙女王』はエリザベス女王の弥栄をことほぐものであった。スペンサーの重要性は、彼がアングロ・サクソン的人生のための芸術と、フランス的芸術のための芸術というイギリス文学の二大潮流の合流点に立っているということである。ベーコンは散文で当時の思考を代表し、そしてシェークスピアがその不朽の喜劇・悲劇・史劇をもって演劇を代表する。『ロミオとジュリエット』『夏の夜の夢』『ベニスの商人』『ハムレット』『マクベス』・・・・彼は巧みな筋の運びと、ヒューマーにあふれた性格描写と、美しい詩の世界をもって、エリザベス朝の花と咲いた。(参考:『大英帝国の世界』<世界の旅10> 櫻庭信之)

« 漢代隷書体の特質 | トップページ | 小学一年を落第した谷崎潤一郎 »

「世界文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 漢代隷書体の特質 | トップページ | 小学一年を落第した谷崎潤一郎 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31