無料ブログはココログ

« 司馬光 | トップページ | 天からのマナ »

2006年7月20日 (木)

天之日矛(あめのひぼこ)

    天之日矛(天之日槍)。第11代垂仁天皇の3年3月に来朝したとされる新羅皇子。一説に朝鮮伝来の矛を人格化したものとも、あるいはこの矛をもったその人を指すのではないか、ともいわれる。また、伽耶王子ツヌガアラシトと同一人物とする有力な説がある。『新撰姓氏録』や『風土記』に末裔氏族の名がみられ、その代表的な一族が、田道間守(たじまもり)氏である。

« 司馬光 | トップページ | 天からのマナ »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 司馬光 | トップページ | 天からのマナ »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31