無料ブログはココログ

« 国木田独歩の女性観 | トップページ | ヨーロッパの都ウィーンの城壁 »

2006年7月 2日 (日)

呉の孫堅 孫策 孫権

   呉の始祖孫堅は後漢末に知られた武将黄祖と戦って敗死した。あとをついだ子の孫策は袁術から独立して江東を制圧し、余勢をかって許へ攻めのぼり、献帝を江東へむかえようとしたが、暗殺された。孫権は19歳で父兄の業を引きつぎ、周瑜、魯粛、呂蒙、陸遜を重用して、多くの人材を集め、中国東南に確固たる勢力を築いた。かれは江東の原住民である山越の反乱を平定して農業に従事させ、また屯田政策をとって農業の発展をはかるとともに、南海貿易にも手をそめて漢族の勢力圏を越南にまで広めた。

   外交的には魏・蜀両国とのあいだに立って、和戦両様の関係をたもちながら独立を維持した。しかし、老年にいたって後継者の選定をあやまったため、稀代の暴君遜皓(そんこう)を帝位につけることになり、第4代にして亡国の悲劇をまねくことになった。

« 国木田独歩の女性観 | トップページ | ヨーロッパの都ウィーンの城壁 »

「世界史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 国木田独歩の女性観 | トップページ | ヨーロッパの都ウィーンの城壁 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30