無料ブログはココログ

« 沈黙の秘密 | トップページ | くちなしの花 »

2006年6月15日 (木)

初がつお

 江戸で初鰹が珍重されるようになるのは元禄以降で、宝暦・天明ころそのブームは頂点に達し、化政期にはやや鎮静化したという。一般庶民にとっては大変高額で、口にはできないものだった。蜀山人は山口素堂の「目に青葉 山ほととぎす 初がつお」という有名な句をもじって「目に青葉 耳に鉄砲 ほととぎす かつおはいまだ 口へはいらず」と歌っている。

« 沈黙の秘密 | トップページ | くちなしの花 »

「日本文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 沈黙の秘密 | トップページ | くちなしの花 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31