無料ブログはココログ

« リチャード・キンブル | トップページ | 樽の中の哲学者 »

2006年6月18日 (日)

緑衣女

  ある書生のもとに、毎夜通ってくる緑衣の女は、腰がほっそりしていて歌がうまい。ある夜、帰りまぎわに女の叫び声がしたので、出て行ってみると、緑色の蜂が蜘蛛の糸にからめられて悲しげに泣いている。書生が助けてやると、蜂は硯の墨汁にからだをぬらして机の上を歩き、「謝」の字を書いて飛び去ってしまった。(聊斎志異)

« リチャード・キンブル | トップページ | 樽の中の哲学者 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この続きをもし良かったら教えてくださらないですか??

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« リチャード・キンブル | トップページ | 樽の中の哲学者 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30