無料ブログはココログ

« 樽の中の哲学者 | トップページ | ラス・カサスの告発 »

2006年6月19日 (月)

尾生の信

   春秋時代に、尾生という若者がいた。ある日、女と橋の下で会う約束をして、先に行って待っていた。ところが、いつまで待っても、女は来ない。それでも、尾生は、約束してあるのだから来ないはずはないだろうと思って、なおも待ちつづけた。そのうちに、水が出てきた。それでも、なお、女を信じて、帰ろうとはしなかった。やがて、ますます、水が出てきた。すると、流されないように、橋の柱につかまって、待っていた。そのうちに、とうとう、尾生は溺れ死んでしまった。(参考:細田三喜夫「漢文故事小事典」研究社 1956年)

« 樽の中の哲学者 | トップページ | ラス・カサスの告発 »

「世界史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 樽の中の哲学者 | トップページ | ラス・カサスの告発 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31