無料ブログはココログ

« 晏嬰の狐裘(こきゅう) | トップページ | 申包胥(しんほうしょ) »

2006年6月26日 (月)

日本最古の閘門式運河

    徳川川吉宗の意をうけた井沢弥惣兵衛(いざわやそべい)は、武蔵野国の見沼干拓(さいたま市)のため見沼代用水を完成させると、周辺の村と江戸を水運で結ぶため、用水路と排水路をつなぐ見沼通船堀の開削に着手。用水路と排水路には3mの落差があるため水門を設けて水位を調節し、船をさかのぼらせる工夫がされた。1731年、こうして日本最古の閘門式運河が誕生した。(参考:『図説日本史』東京書籍)

« 晏嬰の狐裘(こきゅう) | トップページ | 申包胥(しんほうしょ) »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 晏嬰の狐裘(こきゅう) | トップページ | 申包胥(しんほうしょ) »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31