無料ブログはココログ

« 論理によって納得できるか | トップページ | ケペル先生の研究分野 »

2006年6月 9日 (金)

浅川伯教・浅川巧兄弟

浅川巧の名前を知ったのはつい最近のことだが、鎌田東二「浅川巧と朝鮮民族美術館設立運動」春秋2006年6月№479)が目につき読む。宗教学者で知られる鎌田ですら最近になって浅川伯教・巧兄弟の記念館を行って来たそうだから、浅川巧ブームと言えるような状況はまだまだ始まったばかりのようだ。でもこの論稿で浅川巧の生涯の概略は知ることができる。だが現代のわれわれに与えられた問題は浅川のもっと内面的・思想的なことを深く知らなければ意味がないと思う。浅川研究は緒についたところというべきか。

« 論理によって納得できるか | トップページ | ケペル先生の研究分野 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
嬉しいです。頑張って下さい。今日のお昼は、「さくら」の再放送の第122回と第123回と第124回を見ます。

バカミリオンバカミリオン

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 論理によって納得できるか | トップページ | ケペル先生の研究分野 »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29